附属図書館の理念及び行動指針

理念

平成27年10月21日役員会 決定

兵庫教育大学附属図書館は、本学のミッション・ビジョンを遂行するため以下の理念を設定する。

兵庫教育大学附属図書館は、 人が集い、知と実践が交差する、
創造的で開かれた場として機能することにより、
教員養成の高度化と学び続ける教育者の育成に寄与する。

行動指針

上記の理念を実現するため、次の行動指針(4C)を設定する。

(1)Collect

教育実践学及び教養向上に資する資料・情報を重点的に収集・整理するとともに、そのアクセシビリティの向上と利用促進を図る。

(2)Connect

学生・教職員との連携・協働のもとに、人と本、人と情報そして人と人とをつなぐ創意工夫を最大限に発揮し、知的で活気に満ちた学習コミュニティの醸成に努める。

(3)Contribute

地域における生涯学習の一拠点として、市民に開かれた図書館となるとともに、本学における教育と研究の成果を学校現場はじめ広く社会に還元する活動に真摯に取り組む。

(4)Challenge

大学や社会を取り巻く状況の変化に柔軟に対応し、学生・教職員のニーズを不断に捉えながら図書館の既成概念にとらわれない多様な学びの場づくりに挑戦しつづける。